counseling times

カウンセリングタイムズ

好きなことは加速度的に連鎖していく

 

ジュラシックワールド 炎の王国】を観てきました。

 

f:id:c_times:20180717232054j:image

 

 

誰しもが「恐竜が出てくる映画といえば?」と聞かれた答えるであろう、それくらい有名なジュラシックパークの最新シリーズです。

 

アクション映画と言えばいいのか?パニック映画と言えばいいのか?

唯一無二の恐竜映画というジャンルを確立していますね。

 

 

触れるものが変われば、想いも変わる

 

 

僕も、過去シリーズのジュラシックパークロストワールドを観ていた時には、「恐竜が出てくる映画だな〜」くらいの認識でした。

 

しかし、ペットとしてトカゲやヘビなどの爬虫類を飼っている現在、最新作ジュラシックワールドを観ると、今までとは違った感覚でした。

 

 

例えるなら、

子供が生まれて父親になった人が、子供が主人公の映画を観るような、、

 

イヌと共に暮らす家庭が、イヌが主人公の映画を観るような、、

 

ただの恐竜パニック映画が、

僕にとって、まるで我が子(ペット)が活躍する感動の大巨編に変わっていたんですよね。

 

涙が出てきてしまいそうな、

恐竜と主人公達の交流に胸が熱くなるんです。

 

 

自分が触れ合うことで、感動が変化していたのです。

 

 

(実際には恐竜は爬虫類というより鳥類の仲間みたいですが、あのフォルムやルックスはうちの子達にそっくりです。)

 

 

触れ合えば触れ合うほど、感動は増えていく。関われば関わるほど、想いは増していく。

 

 

たくさんの人やモノに関わることは、

苦労や不自由さが増えていくものかもしれません。

 

自分の安全地帯を決めて、そこから抜け出さないことで余計なストレスに晒されないで済むのかもしれません。

 

しかし、

関わっていくことや触れ合うことで、増えていくものは、ネガティブなモノばかりとは限りません。

 

いつもの自分から飛び出して、新しいものに出会っていく、それはあなたの中の新しいキモチに出会っいくことでもあります。