笑顔の苦しさやうまくやれないつらさを理解してくれること

『笑顔の苦しさや うまくやれないつらさ 心の痛みを消すために、体を傷つける気持ち それを私に話せたのはとてもいいことよ。』 これは【17才のカルテ】という映画に出てくる言葉です。 笑っているようで、何かを隠している。 過去の痛みを隠すために、新しい傷を付けていく。 私達の心は、 理論でも、常識でも、正しさで…