読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

相手が抱えている荷物の、どれを持ってあげるか?

 

私たちは身の回りの人を助けてあげたい時に、

 

「どんな声をかけてあげたらいいのかな?」

「どんなことをしてあげたらいいのかな?」

 

と分からなくなってしまうことがあります。

 

家族や友達、恋人、知り合いがスーパーから、たくさんの荷物を抱えて出てきたところを見ると、

あなたは荷物を持ってあげようとしませんか?

 

そこで、一番大きな荷物も持ってあげる必要はなくて、

自分が持てる荷物を持ってあげたらいいんですよね。

 

それだけで、相手は楽になるんですよね。

 

例え大きな荷物を持ってあげれなくても、

小さいな荷物がなくなることで、相手は大きな荷物に対して少し余裕ができるからです。

 

これは心や目に見えない問題でも同じではないでしょうか?

 

無理矢理あなたの持てない荷物を持つ必要はありません。

持てる荷物だけ持ってあげるように、

あなたに出来ることだけをやってあげたらいいんです。

 

相談されたあなたも、

誰かを助けたいと思ったあなたも、

自分の荷物を抱えているかもしれません。

 

だから、自分が持てなくなるまで、荷物を持つ必要はありません。

 

自分も荷物をたくさん持っている人に、

「荷物を持つよ」って言われても、素直に相手は喜べませんよね。

 

まるで、溺れている人が、溺れている人を助けるみたいに。

 

まずは、自分をしっかりと立て直すことから、

それが相手を助けることや、楽にしてあげることにつながります。

 

自分の荷物を減らすことも、

相手を楽にしてあげることになるのです。

 

大きな荷物を持ってあげられなくても、

その気持ちだけで相手が楽になることもあるのです。