counseling times

カウンセリングタイムズ

家族を抱きしめるためにあるもの

 

私たちの問題の根底には、

 

「親にも愛されなかった私」

「親にすら理解されなかった私」

 

という想いが奥底に隠れているようです。

 

「親にすら愛されなかったから、誰にも愛されるはずがない、理解されるはずがない」

普段は表面化してなかったり、意識してなかったりするのですが、心の片隅でこの小さな想いが、恋愛や友人関係、仕事にも影響して問題を起こしています。

 

もしかしたら親に振り向いて欲しいから問題を起こすのかもしれません。

そうなれば恋愛がうまくいかないのは当たり前ですよね。

心の奥底では振り向いて欲しい相手は親なのに、目の前の異性と向き合うことは難しいです。

 

「親にも理解されなかった私」が問題を引き起こしているということは

「そんな親を理解出来ない私」が問題を起こしているという風に捉えることが出来ます。

 

だから親を理解するために、いろんな問題を作っているとも言えます。

どうにかして親を理解したい、その想いが根底にはあるかもしれません。

 

マザーテレサは、

記者に「世界平和のためにできることは何ですか?」と聞かれて

 

「家に帰って家族を愛してください」と答えました。

 

もし、今の目の前にある問題が、ずっと抱えていた問題が、

恋愛がうまくいかないことかもしれません。

息子が学校に行かないのかもしれません。

娘とうまくやっていけないのかもしれません。

親とうまくいってないのかもしれません。

 

 

でも、その問題があなたの親を理解するために起こっている出来事かもしれないと考えてみると、今のあなたの状況を深く理解出来て、解決の糸口になるかもしれません。

 

あなたは理解してくれなかったと思う両親を理解して愛するために、

あなたは家に帰って家族を抱きしめるために

悩んでいるとしたら、

 

その気持ちに気付いた時に、光が見えてくるのではないでしょうか?

 

理解されたい、愛されたいと悩んでいるのは、

 

理解したいし、愛したいという想いから来ているのかもしれません。

 

世界平和とは大げさに思うかもしれませんが、

あなたが笑顔になるためには、あなた周りの人を幸せにするためには、

家族を理解して、抱きしめることかもしれませんね。