読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

それでも前を向いて歩いてきたから今のあなたがいる

 

「あなたの夢はなんですか?」

 

と聞かれたら何と答えますか?

 

成りたかった職業に就くことでしょうか?

仕事で成功することでしょうか?

いつか行ってみたかった場所へ旅行することでしょうか?

ありのままの自分を受け入れてもらい愛してもらうことでしょうか?

 

今あなたは過去を乗り越えて、自分自身を表現しようともがいているかもしれません。

 

悲しい過去の出来事によって、自分を否定されてしまったのか、

本当の自分自身を表現するのが怖くて、寂しい想いをしているかもしれません。

 

「たった一つのつらい出来事で、君の人生のすべてを決めてしまわないで」

そう声をかけられたかもしれません。

 

でも、あなたにとってそれくらい悲しい出来事でした。

 

「もう死んでしまおう」と思ったかもしれません。

 

そう思った日からあなたは何日の夜を過ごしてきましたか?

それだけで、とても大切で素晴らしいことです。

 

悲しみすら感じないようして、

過去の自分を乗り越えるために、

過去の経験を振り払うために、

必死に前を向いて生きてきたかもしれません。

 

泣くだけ泣いたかもしれません。

過去を振り払い勇気を出して、必死に自分を表現して、助けを求めて、

それでも、理解してもらえずに傷ついたかもしれません。

 

もう誰にも傷付けられたくないと、その理由から誰かを傷付けてしまったことを後悔しているかもしれません。

 

いじめられたから、ひどいことをされたから、ものすごい失恋をしたから、、

しかし、あなたはそれを乗り越えて、今こうして少しずつでも前を向いて歩いています。

 

今もまだ光が見えないと思っているかもしれません。

しかし、一番のどん底の瞬間を乗り越えて、今のあなたがいます。

 

何度もそのどん底を味わったかもしれません。

それでも、今のあなたはそこにいます。

 

過去を乗り越えようとするなかで、

押しつぶされそうになったかもしれません。

もうダメだと思ったかもしれません。

 

それでも前を向いて歩いてきたから、今のあなたがいます。

 

あなたの夢は何ですか?

今はその道の途中かもしれません。

しかし、今その道に立っているのは、過去を少しずつ乗り越えて、

前を向いて歩いて来たからです。

 

時には立ち止まったり、後ろに戻ったり、それでも前を向いて歩いてきました。

 

今日はそんな自分を褒めてあげましょう。

まだまだ、とは言わずに

今日はどんな自分でも許してあげましょう。

どんな日すらも乗り越えて、今のあなたがいます。

 

最後に、この曲を紹介します。

このブログを書くにあたって初めてMVを見て、あまり好きではなかったのですが。

でも、この曲は何度も繰り返し聞いて、励まされた曲です。

the pillows の「Funny Bunny」です。

 

あなたの夢が叶うのは、

いまのあなたがいるのは、

過去を乗り越えて、前を向いて歩いてきたから。

そんなメッセージをくれる曲です。

 

 


the pillows / Funny Bunny - YouTube