counseling times

カウンセリングタイムズ

あなたの心を優しさと暖かさで満たすために

 

 あなたは大切な人を想う時、

あなたはその人のぬくもりや優しさで心が満たされていきます。

 

しかし、

好きな人に近づけない、

大切な人を想うのに悲しみや怒りが湧いてくることもあります。

 

それは、その人を通してあなたの中の傷を見ようとしているのかもしれません。

 

傷とはなんのことでしょうか?

あなたは誰かに大切に扱われなくて悲しい経験をしたかもしれません。

また、

あなたは誰かを大切に扱うことができなくて、人に悲しい想いをさせたかもしれません。

 

それが意識出来る事であっても、無意識的なことであっても、

そのことがあなたの心を支配してしまうことがあります。

 

難しい言い方をすれば、罪悪感や無価値感と呼ばれるものかもしれません。

 

あなたは今目の前にある出来事、今目の前にいる大切な人を通して、

 

「こんな私は愛されない」

「もし私を愛してしまったら、あなたは傷付ついてしまう」

「ああ、やっぱり私は裏切られるんだ」

 

そんな過去の傷の思い込みを確認するために、

大切な人に近づけなかったり、

無価値感や罪悪感を感じるために怒りや悲しみが湧いてきてしまうのです。

 

 今を生きているようで、

あなたの心は過去に生きてます。

 

心の中のあなたは

過去の世界に囚われてしまってます。

 

過去のあなたを、救いに行ってあげられるのは、
最大の味方はあなたです。
 
一番辛かった日に、
一番かけてもらいたかった言葉を知ってるのはあなたです。
 
一番悲しかった日々に、
一番して欲しかったことを知ってるのはあなたです。
 
誰かに助けを求めて、
それは叶わなかったかもしれません。
 
しかし、今のあなたには出来るはずです。
 
心の中で、過去に支配されてる小さなあなたを、
今のあなたが助けてあげる時なのかもしれません。
 
 
世界で、自分はひとりぼっちと思ってしまった時
どんな言葉をかけて欲しかったですか?
 
誰かを傷付けて、傷付いて、
その重みに耐えられそうもない時に、
どんな風に手を差しのばして欲しかったですか?
 
もうあの時のあなたを、ひとりぼっちにはしないであげて下さい。
 
あの時のあなたを
救ってあげられるのは、
分かってあげられるのは、 
今のあなたです。
 
少しの勇気と優しさで、
過去に置いてきてしまった昔のあなたを
抱きしめに行ってあげてくださいね。
 
 
あなたが、
過去のあなたを大切に想う時、
あなたの心は優しさと暖かさで満たされていきますよ。