読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

過去からのメッセージをちゃんと受け取る

 
すべてのトラウマは、
あなたの大切な気持ちを伝えるためのメッセージなのかもしれません。
 
今日はトラウマの向こう側について、一歩踏み込んで考えてみませんか?
 
 
もしあなたが小さい頃に、犬に噛み付かれたなら、
大人になっても犬が怖くて近づけないかもしれません。
 
 
いくら可愛くて、噛まないような犬でも、
「いつか噛みつくんじゃないか?」
と近づけないかもしれません。
 
 
あなたの頭では、
「噛みつかない犬もいる」なんて事は当たり前のように分かってるはずですよね。
 
 
たった1匹の犬の行動で、
世界中の犬に近づけなくなるなんて、
少しおかしな話かもしれません。
 
 
噛みつかない犬もいる。
噛みつく犬もいる。
 
 
それなのに過去の経験を使って、「犬は噛みつく」にしかフォーカスを当てないのは、なぜでしょう?
 
 
その先にあなたの本当のメッセージがあるかもしれません。
 
 
犬に噛まれた時に、
本当はお父さんに守ってもらいたくて、
お母さんに優しく抱きしめてもらいたくて、
でもそれが叶わなかったのかもしれません。
 
 
だから、ずっと犬が怖いままでいたら、
いつか守ってもらえるかと、
いつか抱きしめてもらえるかと、
その時を待ち続けてるのかもしれません。
 
 
それならば、
犬を怖がらないようにするのではなくて、
あなたのその時の気持ちを満たしてあげるのが大切ですよね。
 
 
例えば恋愛において、
大好きだった彼に浮気されて、
「男はみんな浮気する!」って決めつけたかもしれません。もう恋愛なんてしない!って。
 
でも、事実は浮気する男性もいるし、浮気しない男性もいます。
じゃあ、なぜ男性は浮気すると決めつけてしまうのでしょうか?
 
 
その裏にあるメッセージはなんでしょうか?
「男は浮気する生き物!」
と言いながらも、
本当はその時の寂しかった気持ち、
悲しかった気持ちを理解してもらおうと訴えてるのかもしれません。
 
 
ならば大切な事は、浮気しない男性もいるよ!と説明してもらうことではなく
あなたの気持ちを理解してもらうことですよね。
 
 
過去のトラウマ、辛い出来事や悲しい出来事には、表面上からは見えにくいメッセージがあります。でも、本人でさえこのことに気付かずに、無意識に本当のメッセージを隠してしまいます。
 
 
 
いじめられて自分を弱い存在と思ってるかもしれません。
しかし、その本当のメッセージはそれを耐え抜いた自分は強いと知って欲しいのかもしれません。
 
 
恋愛に臆病で、遠ざけてしまってるかもしれません。
しかし、本当のメッセージは情熱的に深く愛したいパートナーに巡り会いたいから、一度愛してしまえば、のめり込むほどの愛情を持っていることを伝えているかもしれません。
 
 
あなたが伝えたい本当のメッセージはなんですか?
今まで思っていたその先に本当のメッセージがあると考えてみて下さい。
 
 
その本当のメッセージに気付けた時に、
トラウマはあなたを過去に引っ張るものではなくて、あなたの背中を押してくれるものになるかもしれませんよ。