読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

ゆっくりと時間をかけて自分を変えていく

 

私たちは「優しくなりたい」と思ったときに、すべての人に優しくなろうとします。

「本音で人と付き合いたい」と思ったら、すべての人と最初から本音で付き合おうとします。

 

 

そう目指すことは大切なことかもしれませんが、

最初から「すべて」の人と同じように接する必要はありません

 

 

もっとみんなに優しくしようと思ったあなたは、

もうそれだけで優しく、自分に少し厳しい頑張りやさんなのかもしれませんね。

 

 

僕の師匠も

「10割バッターを目指す必要はないと」

常に言っています。

 

 

プロの野球選手でさえ3割打てたら十分だから、

私たちはすべての人に最初から優しくするの必要はなくて、苦手な人や無理に我慢して接することはしなくてもいいのです。

楽な人から、楽な時に変わりたいを思った自分を見せる。

 

 

あなたの好きな人から、優しくしたり本音で付き合えるように、少しずつ広めていけばいいのです。

「優しさ」や「本音で付き合う」ということにも、練習は必要ですからね。

心や精神的なことは、考え方さえ直せばうまくいくと思ってしまいますが、

今までのクセをなくすためには練習が必要です。

 

 

一週間あったら、2、3日はワガママに自由に暮らしていいのです。

すべての時間を優しい自分で、周りに気を使う自分でいる必要はないのです。

頑張り屋さんのあなたは出来た自分より、出来なかった自分の方を見てしまうクセがあったりします。

優しく出来た自分を、出来た瞬間を見てあげてくださいね。

 

 

好きな人から、

好きな時間だけ、

そして、たまにサボる自分を許してあげる。

 

 

それが、変わりたい自分になる優しい方法なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com