読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

うまくいかない関係を進めるために、

 

うまくいかない恋愛、

別れたのになかなか忘れられない彼氏、

顔を見たら言い合いになってしまう夫婦関係、

会えばいつもうまくいかない母親との関係、

どうにかしてあげたいのだけど、伝わらない子供への気持ち

 

 

うまくいかない物事を進展させるために、

「手放して」みることを勧められたりします。

 

 

「元カレのことを手放して、新しい恋愛に進みましょう」

「家族のことは少し手放して、自分自身がまず幸せになることを目指しましょう」

 

 

想いが強すぎたり、

自分の幸せを相手に依存している状態だと、

なかなか「自分の幸せ」を確認しずらいんですよね。

 

 

そこで一旦現状での相手との関係を手放して、自分自身を見つめ直すという意味で

「手放すこと」を勧められます。

 

 

しかし、この「手放す」ということは、少し苦手とする人がいるようです。

 

 

「あんなに好きだった人を忘れなきゃいけないの?」

「子供が困っているのに、その子を置いて私のことを考えろですって?」

 

 

 

そう思われる方も少なくないのかもしれません。

でもね、本当は逆なんですよね。

相手の気持ちを、受け取るからこそ安心して「手放し」が出来るんです。

 

 

昔の彼はこんな風に私を愛してくれていたんだ。

子供はこんなにも、私を信頼してくれているんだ。

母親はこんな気持ちで私の成長を見守ってくれていたんだ。

 

 

 

その想いを受け取るから、前に進めるんですよね。

安心して、「手放す」ことが出来るんです。

満たされることで次のステップに進めるんです。

 

 

 

満たされない、足りない、

という気持ちが強いと依存して、過干渉になり、執着を生んでしまいます。

しかし、それではなかなかうまくいかないですよね。

 

 

 

 

誰かを満たしてあげる前に、自分を満たしてあげること。

あなたが満たされることと、手放すことが出来るのは、同じことかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com