counseling times

カウンセリングタイムズ

あなたが選択出来るもっとも大切なこと

 

 

『 人生はやさしくないけれど、 

  それがどうしたというの?

  大切なのは、忍耐と、何よりも自信を持つことよ   』

 

 

 

これはラジウムの研究で、ノーベル賞を受賞したキュリー夫人として有名なマリー•キュリーが残した言葉です。

 

この言葉はその強いメッセージ性から紹介しようか迷ったのですが、

彼女の残した言葉の素晴らしいとこは、自分に自信を持つということです。

 

 

戦時中のワルシャワに生まれて、若くして結核により母親を失っています。

当時の社会では男性優位の研究世界において彼女は自分の夢のために努力を重ねてきました。

研究の成果が認められたころ、36歳で公私共に信頼出来るパートナーであった夫を亡くしてます。

 

 

彼女にとって人生とは、優しくなかったのかもしれません。

でも、後世に残る研究の成果をあげました。

 

 

その原動力は自分に自信をもつこと。

もっというと、自分を認めてあげる、自分を愛してあげること。

それがあなたの降り掛かる人生の試練や選択を味方にする大切なことなのかもしれません。

 

 

あなたが生まれてきた環境は選ぶことが出来ないかもしれません。

時には不慮の事故や意味も無く傷付けられることもあるかもしれません。

 

しかし、どんな出来事、どんな予測出来ないことが起きようが、

 

その瞬間にあなたが自分自身を愛するということは、あなたの力で選択できます。

 

 

 

それがマリー•キュリーの伝えたかったことではないでしょうか?