読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

自分を隠すためにではなく、自分の魅力を生かすために

 

 

メイクでも、ヘアースタイルでも、ファッションでも、

 

自分が短所だと思っているところを隠そうとしてしまうことがあります。

 

「前髪でおでこを隠そう」

「体のラインが出ないように、ゆったりとした服装にしよう」

 

 

せっかくの自分の魅力を際立たせるためではなくて、

ダメな部分を隠そうとして、自分の魅力も隠してしまいます。

 

 

これって非常にもったいなことです。

メイクも、ファッションも、自分を隠すためにするものではなくて、

自分を生かすためにするものなんですよね。

 

 

そしてあなたが自分の短所だと思っているところは、

実は他の人は短所だと思っていないことも多いんですよね。

 

 

これは目に見えない心や性格という部分でも言えることなんですよね。

 

 

だから、思い切って人に聞いてみる!

すると自己イメージと全然違う答えが返ってくることがあります。

 

 

前髪でおでこを隠していたのを、

勇気をだして、ヘアースタイルを変えてみる!

すると、

「そっちの方がいいよ〜!」

「雰囲気変わったね〜!」

そんな嬉しい言葉が返ってくる。

 

 

私たちは自分に自信がないという言う割には、

自分の自己イメージには自信を持ちすぎてしまっていることがあります。

 

 

 

自分で隠してしまうと、相手にも見えにくくなってしまいます。

 

だから隠そうとするのではなく、魅力を生かそうとすること。

 

 

自分が自分の魅力を見ている分だけ、人はあなたの魅力を見てくれますよ!