読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

言葉は嘘が付けない

 

 

少し背伸びして自分を大きく見せようと話したり、

あることないこと、自分の話をしても、

その話をしている内容より、

 

使っている言葉からその人の本質が見えてくるんですよね。

 

 

分かりにくい表現かもしれませんが、

話している内容に嘘は付けても、使っている言葉自体には嘘は付けないんですよね。

 

 

おいしいパンを作るためには、

美味しい水や小麦が必要なのは当たり前なことだと思いますよね。

 

それなら、

私たちは自分のことを語る時に、考える時に、

きれいな言葉や優しい言葉を使っているでしょうか?

 

 

同じ風景や出来事を経験しても、

その人それぞれに説明する言葉違うように、

 

 

「何を語るか?」

よりも「どんな言葉を使うか?」

の方がその人の性格や雰囲気を現すことがあるんですよね。

 

 

食べ物の産地や製法についてこだわりを持つように、

自分の話している言葉にも、もっと目を向けてみてもいいかもしれませんね。

 

 

あなたの体は、あなたが食べているもので出来ています。

では、あなたの心はあなたの使っている言葉で出来ているのかもしれません。

 

 

言葉を変えること、

それがあなたを変えること、世界を変えることかもしれません。