counseling times

カウンセリングタイムズ

『さぁここから 〜愛するために心を開いたのなら〜』

 

私たちは一人ベットの上で、
どうしようもない寂しさと不安を抱いてしまう時があります。
 
私たちはたくさんの人に囲まれているのに、
自分はひとりぼっちと感じてしまうことがあります。
 
私たちは自分に命を与えてくれた両親を許せない時があります。
 
 
それはなぜでしょうか?
 
 
僕もそう感じていた時期があります。
 
誰も自分のことを見てくれてなかったのでは?
自分の声は誰にも届いてなかったのでは?
 
そうやって一人の世界に生きていた時期がありました。
 
 
顔は笑っているけど、
心は中は土砂降り、、、、
そんな日々を過ごしてました。
 
 
しかし、だんだんと気付いていきました。
自分が一人ぼっちの世界にいる時は、
誰にも愛されてないと思ってしまっている時は、
実はあなたも誰のことも愛そうとはしてないということでした。
 
 
 
でも、確かに当たり前のことですよね。
あなたが心を開いて、誰かの存在を自分のうちにいれてあげたのなら、
孤独を感じることはありません。
なぜなら、その人の温もりを感じられるからです。
 
 
 
心を開くということとは、、、
愛すること、理解しようとすること、許そうとすることではないでしょうか?
 
 
 
私たちは遠い国の戦争のニュースを見て心を痛めます。
それは、私たちがこの世に誰かを愛するために生まれてきたからではないでしょうか?
 
 
 
なのに、
私たちは手の届く距離にいる相手を
愛せずに、許せずに、理解できずに苦しんでしまいます。
 
 
誰かを愛することを、少しずつ練習していきました。
 
 
最初はヘタクソでした。
でも、
どうしたらいいのかな?こうでもない、ああでもない
そう悩みながらも
何度も何度もチャレンジをしていくうちに、
 
 
 
それは親かもしれません、
兄弟かもしれません。恋人かもしれません。
 
こんな風に誰かも、自分のことを愛そうとしてくれて、
 
でもやり方が分からなかった、
表現がヘタクソだったんじゃないかなって
僕を愛してくれようとした人々の気持ちに気付きました。
 
 
もし、今のあなたがそこから抜け出す鍵を持っているとしたら、
それは勇気ではないでしょうか?
 
 
自分を傷付けた相手。
自分を理解してくれなかった相手。
 
 
そんな相手でも、
少しの勇気を出して
理解しよう、許そう、愛そうとすること、
 
 
それが出来たのなら、
一人で孤独に過ごす夜も、
誰かのことを想い、暖かさを感じる夜に、
 
 
たくさんの人の中でひとりぼっちと感じてた瞬間が、
もっと人と心から繋がっている時間になるのではないでしょうか?
 
 
はじめ一人ではとてもやれそうにないかもしれません。
しかし、あなたを応援してくれるたくさんの方がいます。
 
 
 
なぜなら、誰もが
誰かを愛そうと勇気を出してきた人達だからです。
 
 
私たちは
心が弱いから悩むのでしょうか?
自分が情けないから悩むのでしょうか?
 
 
いいや、
僕は、人は誰かを愛したいから、悩むのだと思います。
 
 
それなら
勇気を出して、心を開いて
ここから想いっきり愛してみませんか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:c_times:20160420142221j:plain