読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

Q&A 15『息子が不登校です』

 

Q いつも拝見させていただいております。今私の息子が高校生なのですが、入学してから、夏休み頃にかけて学校を休む機会が多くなり、二年生になった今ではたまにしか通学しておりません。息子にはあなたはそのままでもお母さんにとって大切な存在だから、あなたのことを愛していると何度言うようにしてます。少しでも、息子が自分の価値を受け取ってくれたらいいと思っているのですが、どうしたらいいですか?

 

 

A お母さん気持ちは言葉ではなく、行動で伝えてみましょう!まずはあなたがラクに人生を歩んでいく姿を見せてあげましょう!

 

 

お子さんがどんな理由で学校に行かなくなったかは、分かりません。

いじめられたかもしれません。

勉強についていけなくなったのかもしれません。

単純にめんどくさいのかもしれません。

 

 

テレビや本に書いてあるよりも、ずっと単純で、ずっと複雑なのかもしれません。

 

お母さんが愛を伝えようとしていることは、大切なことですね。

しかし、なぜ愛を伝えようとしているか?そこは本当に大切なことです。

 

 

 

あなたが息子に学校に行かせたくて、愛を伝えようとしているなら、

それはあまり良くない方法かもしれません。

 

『そのままのあなたでも、十分お母さんにとって大切な存在だよ』

というメッセージと矛盾してしまいますからね。

 

お母さんに根底にある想いは、どんなに隠そうとしても息子さんは感じてしまいます。

 

「学校に行かなければいけない」

「学校に行かないとこの子の将来はダメになるかもしれない」

 

そんな心配や不安は伝わってしまいますからね。

 

そんなこと言っても将来どうなるか不安だし、心配だし、、、、。

確かに分かります。

 

 

しかし、お母さん自身が心配や不安という大きな荷物を背負ったままで、

息子さんの抱えている荷物をラクにしてあげられるでしょうか?

 

 

まずお母さんあなたがその荷物を下ろしましょう。

一人では出来ないなら、たくさん頼ってください。いろんな人に頼ってください。

 

 

あなたが誰かに頼れなければ、息子さんもまた誰かに頼るということができませんからね。