読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

変われる日がくることを知っているだけで、気持ちが楽になる。

 

子供の頃からずっと嫌いだったピーマンや人参、しいたけがある日食べられるようになることって、実は結構あるんですよね。

 

 

たまたま行ったお店や旅行先で、食べてみたら、

「今までは全然食べる気しなくて、見るのも嫌だったんだけど、その店で出されたピーマンって本当に甘くてさ、苦みが全然ないの。気付いたら普通に食べれたよ。」

 

 

調理の仕方や、産地が違うからでしょうか?

また、その日のテンションにもよるかもしれません。

 

 

苦手なものが、ある店の料理では、ある土地で穫れたものなら、

そんな条件付きではあるかもしれませんが、ふと食べることが出来たってことはよく聞く話です。

 

 

ずっと嫌いだったあの人を、好きだと思える日も、

なんとも思わなくなる日も、もしかしたら感謝してしまう日も、

突拍子もないタイミングでふいに訪れる時がくるのかもしれません。

 

 

好きなものも、嫌いなものも、

あなたの中の正しさも、変わっていっていいんですよね。

 

 

子供の頃には分からなかった本の意味が、

あるタイミングでふと心の中にすとんと落ちてくる。

 

 

そんな感じで、いつその日が来るかは分からないけど、

そんな日が来ることを知っている。

それだけで少しは心がラクになるのではないでしょうか?

 

 

f:id:c_times:20160701130503j:plain

 

 

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

 

counselingtimes.hatenablog.com