counseling times

カウンセリングタイムズ

誰とつながりを感じて生きていくか!?

 

昨日は、気になってた映画を観てきました。

 


映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」予告

 

 

あの【ローマの休日】を世に送り出した脚本家トランボ、彼は戦後の混乱の時代に飲み込まれていきます。第二次世界大戦集結後、ロシアとアメリカの冷戦に突入して行く中で、共産主義者はアメリカ内での立場が苦しいものとなっていきます。

彼は弾圧され迫害されても、家族への愛を貫き、また映画への情熱を貫いていきます。

 

 

たまたまyoutubeで予告編を観たのですが、どうしようもなく気になったので、仕事が終わってバタバタと観に行きました。一人の男の信念をユーモアも交えて打ち出した傑作だと思います。

 

女性には予告編では、ピンと来ないかもしれませんが、これは家族の愛の話であり、傷付いた男性への愛の話でもあります。ダメな男ばっかりに引っかかってしまう人には、こうやって男を支えればいいんだなと勉強になるかもしれません。

 

 

生き方で人を繋げていく

 

以前書いたこの記事で、僕の今の師匠のことを書きました。

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

この映画の主人公トランボもまたこのような男です。

天才脚本家の名のとおり彼や仲間を苦しめる相手を、ユーモアやセンスで煙に巻きます。

 

自分の意見や権利をきちんと主張していましたが、戦うということはしなかった。

映画の最後で彼はこう述べます。

 

 

「誰も傷付けたくて傷付けたんじゃない、傷付きたくて傷付いたんじゃない。」

「過去の傷を癒すために私はこの場に立っている」

「攻撃するために話しているのでない、許し合うために話しているのだ」

 

 

私たちは許し合うことも出来れば、憎み合うことも出来ます。

大切なのは、あなたがどっちを選ぶかということです。

 

何を選択して、どう生きていくか!?

 

人を繋げる言葉もあれば、人を孤独にするのもまた言葉なんですよね。

表現もそう、作品もそう、
繋げるのも、引き離すのも、

つまりは、自分の生き方で人を繋げることも出来れば、人を孤独にする生き方もある。

 

 

あなたは誰とつながりを感じて生きて行きたいですか?

あなたどんな自分とつながりを感じて生きていきたいですか?