読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

ワガママに愛していくこと

コラム

 

型破りのススメ

 

【型破り】という言葉がありますが、皆さんはどんなイメージがありますかね。

破天荒で、無頼漢なイメージでしょうか?

 

この【型破り】という言葉は、型があってこそ、そこから逸脱出来る!

型がないのに、自分勝手にすることはただの【形なし】である。

 

これは故立川談志の言葉だったような気がします。(詳しくは忘れました)

でも、この言葉を聞いた時になるほどな〜と深く感銘を受けたワケです。

 

基本が出来ているから、そこから外れたことをしても様になる。

自由勝手にしても、問答無用の無法地帯にはならないワケですね。

 

 

ワガママに生きること

 

僕はコレがすごく苦手でした。

(人から見たらそう見えているかは分かりませんが)たくさん周りの目を気にして、気を使い、時には怒られないように、時には傷付けないように、生きてきました。

 

でも、どこか窮屈に感じられていたんですよね。

例えば多くの人から見て、親切であり優しい行動をしても、どこか自分では納得してない感じですかね。

 

 

なので、僕のブログでも、「自由にワガママに自分を愛してください!」ってメッセージを送り続けてます!

誰かに気に入られるために、嫌いな自分を演じる、窮屈な人生を選択する必要はないんですよね。

 

 

『人生1回しかないんだから、自分の好きなことをして生きていこう!』みたいな標語?スローガン?をたまに目にしますが、僕から言わせると

『人生が後100回あっても、100回自分の人生を好きに生きよう!』って感じですかね。

 

でも、ワガママに生きるのが怖い!?

 

こんなコメントやメッセージが送られてくることがあります。

自分の好きなように生きたいけど、それがなかなか出来ない。

その理由は、過去のトラウマから来てるかもしれません、親のことを考えているかもしれません、子供のこと、兄弟のこと、パートナーのこと、会社のこと、お金のことを考えているかもしれません。

 

でも、もしあなたが自由になりたいのなら、彼らを許してあげることです。

 

彼らの自分勝手な行動であなたが苦しめられてきた、我慢してきた、頑張ってきた、その不平不満があると、今度は自分が自分勝手に振る舞おうとすると、その不平不満という名の批判が自分に向けられるのでは!?という恐怖が無意識に出てきてしまうんですよね。

 

ということは、あなたが誰かを許した分、あなたの心は自由になっていきます。

あなたは誰をまだ許していないでしょうか?

自分を自由にするために、彼らを許してみてはどうでしょうか?

 

 

あなたは夜の校舎の窓ガラスを割らない

 

そして、最初の【型破り】の話。

あなたは、たくさんの優しさを持って生まれて生きて来ました。

もう、あなたの【型】は出来上がってます。

 

どれだけ好きに、自由に、ワガママに生きても、その【型】がある限りあなたは無闇に人を傷付けたりしません。

もっと言うなら、誰かをもっと愛するために自由になっていきます。

 

 

どんなに不良になろうと思っても、

あなたは盗んだバイクではなく、買ったバイクで法定速度を守ってヘルメットを被って走り出しますから、窓ガラスも割ることなく、割れたガラスを誰かがケガしないように掃除してあげますから。

 

 

過去を許してしまうと、あいつを許してしまうと、

「私の人生は一体になんだったんだ!このやろう!」と悲しみや怒りが出てくると思うかもしれません。

 

でも、じゃあ誰も愛さずに生きていくのか!?

 

 

だから、もっと自由になってください、

たくさんの過去を、たくさんの人許して、

もっと愛してあげてください。

 

f:id:c_times:20160801234240j:plain

 

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

 

counselingtimes.hatenablog.com