読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

うまく怒る方法は《大切なものに気付くこと》?

 

あなたは人に怒ることが得意ですか?

 

この質問に『もちろん、得意です!』ってスパッと答えられる人はどれくらいいるでしょうか?

 

パートナーや家族には、怒ることが出来るって人は多いかもしれませんね。

同僚や後輩、友達にもあなたは怒ることは出来ますか?

 

家族とは深いつながりがあるから、感情まかせに怒ったり、叱ったりしても、そのつながりが切れる心配はないですよね。

(表層的にはそう自覚してなくても、深層心理ではそのつながりを感じているかもしれません)

 

 

あなたはどんな時に怒りますか?

 

どんな場面や相手を想像しましたか?

家族、仕事関係、コンビニの店員、テレビ画面の向こう側の相手、、、、

 

人によって、それはさまざまな人が思い浮かんだと思います。

 

そして、その怒る理由、背景、ワケには、

あなたが伝えたい大切なメッセージが隠されているんですよね。

 

意外と思うかもしれませんが、どんな些細なことでもあなたの感情が揺さぶられているとき、それはあなたの大切な部分に触れている時でもあるのですよ。

 

 

うまく怒るにはどうしたらいいの?

 

でも、怒るとき(メッセージを伝えるとき)、それを感情にまかせてやってしまうと、結果はうまくいきませんよね。

 

車で例えるなら、怒りという感情はガソリンなんですよね。

メッセージを伝えるというゴールにたどり着くまでの、エネルギーなんですよね。

 

《怒り》は燃料であって、ハンドルを委ねていいものではないんですよね。

 

よく怒ったのはいいものも、相手に何も伝わらずに、逆に怒らせてしまって、モヤモヤするってことはありませんか?

 

それは、怒りにハンドルを任せてしまっているからなんですよね。

燃料としてガソリンとして、消化してしまえばスッキリするんです。

 

 

怒りの裏側にあるものは?

 

このブログで何度も出て来ましたが、怒りの奥に隠れているのは愛情》なんですよね。

 

こんな彼氏とは別れてやるー!!

なんで何度言ってもこいつは分かんないんだー!

お母さんは好き勝手ばっかりやってきやがってー!

 

こんな怒りの奥にも、《愛》はあるんですよね。

 

そうです、あなたのハンドルを握らせるのはこの《愛》なんですよね。

 

怒る時にはついつい冷静ではいられないかもしれませんが、

一呼吸おいて、口に出して唱えてみてください。

 

『わたしは、本当は何を伝えたいんだろう?』

『わたしは、何を大切にしたいんだろう?』

 

答えはすぐに出なくても、この瞬間からハンドルを《怒り》から《愛》へと渡せることが出来ます。

 

そうすると視野が広がり、相手に伝わるよりよい方法が浮かんできたります。

 

 

車の運転と一緒で、目の前の道しか見てないとうまく運転できないんですよね。

カーブを曲がるときも、まっすぐ進むときも、いつも先の道を見ておくことなんですよね。

 

 

そうすると、自然に手が動いて進みたい方向へと行けるんですよね。

 

 

方法は、簡単です。

あなたのハンドルを《愛》にゆだねることなんです。

 

 

f:id:c_times:20161002093530j:plain

 

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

 

counselingtimes.hatenablog.com