counseling times

カウンセリングタイムズ

自分を誇る日

 

 

理由もなく会社の人に怒られた。

まるで、上司の八つ当たりのように怒られた。

なんて理不尽な目にあうのだろ!

 

 

先輩に無理な仕事を押し付けられた。

いつも自分ばかりに押し付けてくる。

周りを見渡しても助けてくれそうな雰囲気はない!

なぜ、いつもこうなっちゃうの、、、、。

 

 

時に理由もなくあなたのことを否定してくる人もいるかもしれません。

 

その度の心がくじけそうになって、それでも歯を食いしばって、前を向いて、

頑張って、、、。

 

頑張ろう、これくらいのことは頑張ろう、乗り越えようと心では思ってるのに、

カラダが動かない、朝立ち上げることも出来ない。

 

そんな経験をされてきた人がいるかもしれません。

 

 

踏ん張っていつものように過ごしているつもりなのに、

疲れが取れない、顔を見た人が「ゆっくりと休みなよ」と声をかけてくる。

 

自分ではもっと頑張りたい!

なのに、うまく行かない。どうしようもないきつい事にぶつかってしまう。

 

 

でも、そんな時こそ、

そんな時だからこそ、自分を認めてあげてください。

 

自分を褒めてあげてください。

 

何も出来てない、また逃げてしまっている。

そう思ってしまっているかもしれません。

 

でも、それでもあなたを誇ってください。

自分を愛してあげてください。

 

 

人生で、あなたにはどうしようもなく傷付けられてしまうことが時にあります。

 

相手をうらみたくなるかもしれません。

自分はそんな目にあう存在なんだと、自分のことを責めてしまうかもしれません。

具体的な解決策を求めようにも、方法が分からずに途方にくれてしまうかもしれません。

それを乗り越えようと頑張って歯を食いしばっているかもしれません。

 

 

そんな時こそ、一番に自分を誇りに思ってください。

『何を!?どこを!?』

そんな疑問や、もしかしたら怒りの感情が湧いてくるかもしれません。

 

それでも、自分を誇ってください、愛してください。

 

愛や誇りとは目に見なくて、触れなくて、

そんなキレイごとや抽象的なことを言われても解決はしない!

そう思うかもしれません。

 

だけど、だからこそ、

キレイごとでも、目に目なくても、具体的な方法でなくても、

 

自分を愛して、誇りに思ってください。

 

それがあなたの心を支えて、暖めて、包み込んでくれる力になってくれますから。

 

 

f:id:c_times:20161012003010j:plain

 

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com


 

counselingtimes.hatenablog.com