読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

Q&A 40『何がこわいのか、何でこわいのか上手く説明できない。 』

 

Q  何がこわいのか、何でこわいのか上手く説明できない。 何を助けて欲しいのかも分からない。 だから何て伝えたら良いか分からない。 こわいって事しか分からない。 でも1人でどうやってやり過ごしたら良いか分かりません。 自分の気持ちくらい、自分で面倒みれるようになりたいのに。 1人で居たら押し潰されそうだけど、1人で居るしかない時ってどうしたら良いんでしょうか。

 

 

A 『 怖い』ということは、目をつむってしまっている状態と同じなんですよね。

「怖い」から「分からない」のではなく、「目をつむって、見えないようにしているから、怖い」の方が正しいのかもしれませんよ。

 

 

 

正体の分からないものは、怖いんですよね。

お化けや幽霊と感覚的には似ているかもしれませんね。

相手の正体が分からないから、怖いんですよね。

 

 

道ばたや暗い帰り道に、いかにもテレビや雑誌の特集に出て来そうな、幽霊の格好をした人が突然出て来たら、かなりビビってしまいますよね。

 

 

幽霊の格好している人が、知り合いでハロウィンの仮装していると分かったら、怖くも何ともないですよね。何なら一緒に写メを撮ってSNSに投稿しているかもしれませんね。

 

『怖い、怖い』と目をつむってしまっていたら、目の前にあるものが何かは見えてこないんですよね。

 

怖いという蓋で、何を隠してしまっているのか?

質問の中にもあるように、怖いという《重し》で何かを踏みつぶそうとしているのかもしれません。

 

今の感覚って「痛い」という感覚に似ていると思うんですよね。

理由が分からないけど、胸が張り裂けそうという感覚。

胸がズキズキと音を立てているような。

 

でも、そんな時に一人で乗り越えなきゃいけないってルールはないんですよね。

 

頼ってはいけないと思ってるかもしれません。

頼れる人はいないって思っているかもしれません。

みんな一人で自分の感情と向き合っていると思うかもしれません。

もう誰も信じられないと思っているかもしれません。

 

でもね、一人で耐え抜くしかないって決まりはないんですよ。

 

 

もし、今あなたの心が重く痛く張り裂けそうなら、

それは『あなたの大切なもの』に、「怖い」という《重し》を乗せて押しつぶそうとしてしまっているからです。

 

そうなんですよね。

「怖い」の先に、その蓋をどけた中にはあなたの『大切な想い、感情』が詰まっているんですよね。

 

「怖い」を飛び越えてあなたが目を開き見るものは、恐怖の対象ではなく、あなたが大事にしている宝物なんですよね。

 

 

怖いと思って目をつむり続けていたら、余裕がなくなります。

道を目をつむって歩いていくようなものですからね。

緊張して、疲弊して、カラダがガチガチに固まってしまいます。

 

こんなことを言われても頭では理解出来るけど、

実際にこの「怖い」という感情はどうしたらいいの!!?

 

そんな気持ちも出てくると思います。

 

 

でも、もし怖いという感情から少し抜け出して、

あなたの大切なものが見ることが出来たのなら、何が見えるでしょうか?

どんな気持ちでしょうか?

 

それは暖かな気持ちでしょうか?

 

 

信頼出来る人がいない。

私には自信がない。

孤独に感じてつながりがない。

 

 

何かが無くて、失って怖いと思っているのなら、

目を開くことでしか、無くしたものは見つけることが出来ません。

 

少し勇気を出して、

あなたの大切なものに目を向けてみませんか?

 

f:id:c_times:20161020205120j:plain