読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

叩き起こされたハムやろうの話 その1

 

「おい!ハム!いつまでもグズグズしているとハムにするよ!このハム野郎!」

  

今回《愛はあなたを傷付けない》というイベントをするきっかけとなったのは、真島あみちゃんのこの意味が分かるような、分からないような文句で叩き起こされたことでした。

 

仕事が休みで寝ている僕を叩き起こして、そのまま真島あみのスタッフに連絡を取り、会場や移動の手配などなど、すぐに取りかかりました。

 

 

あみちゃんからずっと、

「一緒に何かやれたらいいね」と誘われていました。

 

それを半年、いや一年近くも待たせてしまっていました。

 

僕は高校生の頃に学校に行かなくなって心理学を学び始めます。

自分のために受けに行ったカウンセリングで、その先生に「君も誰かを助けてあげる仕事したらどうかな?」と誘われたのがきっかけです。

 

 

思えばそれから10年近く心理学を傍らに生きてきました。

心理学を学べばうまく生きられるようになるかというと、どうでしょうか(笑)

 

 

あなたももしかしたら、「自分は心が弱い、打たれ弱いから強くならなくちゃ」と思ったことはありませんか?

 

僕もそう思っていきてきました。

でも、この10年で学んだことは、心には弱さなどなく、その使い道を知ることでした。

 

トランプのカードに弱い強いは決まってなく、遊ぶゲームの種類によって決まりますよね。

キングがいくら強そうに見えてもあなたは、キングになる必要はないんですよね。

僕はハートの6くらいのカードですかね。

 

『大富豪』をすると少し使い道がないような気もしますが、『7並べ』なら戦力のキーになるかもしれません。『神経衰弱』『ババ抜き』ならもはや数字の意味さえ必要ありません。

 

どんなトランプもゲームの仕方によって、その可能性は変わってくるんですよね。

僕が10年で学んできたことは、そんな当たり前のことだったのかもしれません。

 

だから

「強くならなくちゃ」、とか「弱さを見せちゃいけない!」とは思うのはもう諦めました。弱いときもあるし、優しく出来ないときもある。笑えない時もあるさ。それでいいんじゃないかな。

そう思えるようにやっとなりました。

 

そっちの方が自分らしく生きれるようになった気がします。

 

そして、もうひとつ僕が学んだことがあります。

それは『幸せは連鎖し、喜びは共鳴する』ということです。

 

これについては、「叩き起こされたハムやろうの話 その2」で書いていきます。

 

 

f:id:c_times:20161029173646j:plain

 

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

 

counselingtimes.hatenablog.com