読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

自分を閉じ込めていた塔から抜け出す方法

 

僕はディズニー映画の中では今は一番ラプンツェルが好きなんですよね。

(ジブリの中では、『紅の豚』ですね。ハム同士親近感が湧くのでしょうか!?)

 

先日もTSUTAYAでラプンツェルを借りてきました。

あみちゃんにまた観るの!?と少し呆れられながら(笑)

 

そんな中シンクロしたようなメッセージを頂きました。

僕自身は自分のことを塔に閉じ込められたラプンツェルを救い出したフリン側ではなく、ラプンツェルと思ってましたよ!

 

ラプンツェルは子供の頃から塔に閉じ込められたお姫様が、外の世界に憧れていて、フリンの協力を得て、外の知らない世界に触れていくというストーリーです。

 

ラプンツェルを塔に閉じ込めていて魔女は

「外は危険がいっぱいだ!」「お前を傷付ける悪い人がたくさんいる!」

と騙してきました。

 

まさに心の世界の話そのものだな〜と思います。

自分を表現する!自由に生きる!

それに興味があるのだけれど、その足を引っ張る声が耳元でするんですよね。

 

映画ではそれを抜け出すヒントを僕たちに与えてくれてます。

「一人ではやらないこと、誰かに助けてもらうこと、誰かに頼ること」

 

何でもいいんですよね。

すごく大きなことを最初から頼るのは難しいでしょうから、小さなこと、心の負担の軽いものからでいいんですよね。

 

 

すると誰かに助けられる自分というのを感じることができますからね。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(ご感想)

 

 先日は素敵なお話会を、どうもありがとうございました。


お2人とも仕事柄なのか、人をよく見ていらっしゃるな…と、お2人の深い洞察力にとても感銘を受けました。


量さんは最初、自分ばかり話していて大丈夫?とおっしゃっていましたが、恋愛における男性心理など、男性の視点からのお話とてもためになりました。

 

あみさんのブログの美しさに日々癒されていますが、量さんのブログにもいつも心が触れられて癒され、励まされています。

今回の量さんのお話で、心の傷は、隠そうとすると人との間の壁となることもあるけれど、分かち合うことでつながりをつくることができる、ということを知ることができました。

あみさんがおっしゃっている「花になる」ことについて、早速ワークを日々実践しています。また、自分のなりたいイメージのお花の写真を携帯の待ち受けにしています。見るたびに自分が花であることを思い出せるように、と思って。

私もディズニー映画が好きです。あみさんは量さんのことを、ラプンツェルのフリンみたいとおっしゃっていましたが、この映画で2人が"I See The Light"を歌うシーンがとても好きです。2人がお互いの存在によって、新しい世界を知り、人生の見方が変わって一歩踏み出していく…というような、私もそんな恋愛ができたらなと見るたびに思います。


私もお2人のような素敵なパートナーシップが持てる相手に巡り会えたら…と思います。過去の恋愛で傷ついた経験から、色々と恐れもあったのですが、あみさんに心の傷を出すことは美しいと言っていただけたことに、心が洗われたような気持ちになりました。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

 

counselingtimes.hatenablog.com