counseling times

カウンセリングタイムズ

愛は想いでもあり、選択でもあります。

 

今日はクリスマスイヴですね。

 

どんな1日を過ごしているでしょうか?

僕はお昼に肉うどんを食べて、街のイルミネーションとはまるで違う純和風なランチを食べました。

 

 

家族愛であれ、恋愛であれ、自己愛であれ、

今日はたくさんの人が愛に触れる1日になればいいと思います。

 

 

「奪うために愛するのなら、それは愛ではない」

これはチャックスペザーノの本のタイトルです。

 

私たちは愛を理由に、誰かを傷付けてしまうことがあります。

それは愛を理由に自分を苦しめてることもあるのです。

 

愛は奪うものではなく、与えるものです。

あなたは誰かを愛するために、自分から大切なモノを奪っていませんか?

自分を窮屈な檻に閉じ込めてませんか?

 

愛はすべてに与えます。

愛する人にも、そして自分自身にもです。

 

誰からも奪わないから愛は尊いのです。

 

 

苦しい恋愛をしているかもしれません。

家族と仲良く出来ないのかもしれません。

自分自身が嫌いで苦しいのかもしれません。

 

 

誰からも何も奪わない愛があるとすれば、

 

その愛はあなたに何を与えてくれるでしょうか?

その愛を誰にむけてプレゼントしたいでしょうか?

 

 

愛は想いであり、選択でもあります。

自分を傷付けないと決めること。

それも自分を愛することです。

 

 

あなたはどんな選択をして、自分を愛していくでしょうか?

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

 

f:id:c_times:20161224145503j:plain