読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

パートナーシップと向き合う必要性、、、⁉︎

 

 質問を頂きました。

 

はじめまして、

いつもブログを読まさせてもらってます。

ちょうど新しい記事を「まだかなー?」待ち望んでいた時に、またブログが更新されてたのでこれは!と思い質問させてもらいます。

 

現在わたくしは36歳です。

仕事も順調で、やっとやりたいことが自分の責任ですることが出来て満足してます。

結婚はしてないのですが、付き合って4年半のパートナーもいます。

 

大きな悩みがあるわけでも、問題があるわけでもないのですが、漠然と日々スッキリした気持ちになりません。モヤがかかっているというか、、、

 

これは新しいステップに進むために、彼ともっと向き合ったり、わたしの癒されてない?過去と向き合う必要があるということでしょうか?

 

何かあるワケではないけど、

なんとなくスッキリしないんです。

 

 

 

そうですね〜。

「あなたの抱えている寂しさをパートナーとの親密感で癒せる」

「過去に抑圧してしまった感情を癒していくことで罪悪感を手放せる」

確かにそうですね。

心理学や癒しの本、僕のブログでもたくさん書いてます。

 

今日はちょっと別の角度から見てみましょう。

 

「過去と向き合う」「パートナーと向き合う」

それはあくまで方法の一つであり、ゴールではありません。

 

ゴールは何でも自分で決めたらいいのですが、

あなたが幸せに生きていくことではないでしょうか?

 

すると、方法は何であれ、

「わたしは幸せに生きていく!!」

そうやってコミットすること、決断すること、表明すること、許可していくことが大事なワケです。

 

問題を見つけるために、

過去やパートナーに向き合うのではなく、

 

幸せな自分への道筋に、

パートナーや過去といったポイントに向き合うことが必要な時があるかもしれないのです。

 

だから、絶対に過去と向き合う!パートナーと向き合うべき!みたいな鼻息を荒くする必要はありません。

 

 

あなたが欲しいものに忠実になればいいのです。

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

 

counselingtimes.hatenablog.com