読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

counseling times

カウンセリングタイムズ

僕らは自分の人生をどれだけ優しく受け止めてあげてるだろうか?

 

本屋に行くと

出来る人は日記を付けてる」「願いが叶う手帳の書き方」なんて本が陳列されているのをよく見かける。

 

日記を付けることで、

願いをノートに書くことで、

幸せになれたり、仕事が出来るようになるなら、安いものだ。

 

僕も最近日記を書くようにしてる。

与え続ける三ヵ月ノート】として、どんな時にどんな風に誰に与えることが出来たか?それを記録して変化を書き留めておく日記。

 

つい怒りや不満を言いたくなる時に、

この状況で自分が何を与えれば状況が良くなるか?そう考えるクセを付けたい。

 

まだ始めて間もないが日記を書くことで、

1日を振り返るぼっーとした時間を作ることがとても有意義なことに気付く。

 

今までは1日を振り返ることもなく、

忙しさや、テレビの雑音、スマートフォンのSNSに時間を使っていたのだろう。

それは決して悪いことじゃないけれど、ぼっーと1日を振り返るのも有意義なことだ。

 

 ぼっーとしてる時は誰も責める気持ちが沸いてこない。もちろん自分自身も。

 

たくさんの刺激や情報の波に飲み込まれて、消化不良を起こしてしまう僕らにとって、

ぼっーと1日を振り返るのはちょうど1日を優しく消化していくような時間なのかもしれない。

 

そうやって優しく消化して、受け止めていった1日1日が、人生となってく。

 

僕らは自分の人生をどれだけ優しく受け止めてあげてるだろうか?

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

 

counselingtimes.hatenablog.com