counseling times

カウンセリングタイムズ

自分を応援してくれる声を聞くために

 

『カウンセラーとは、どんな仕事か?』と聞かれたら、

 

心理分析をする人、人の悩みを聞く人、アドバイスをくれる人、

たくさんの答え方があると思う。

 

しかし、

今一番自分の中でしっくりくるのは、

『応援する人』

 

 

心理分析も、話を聞くことも、アドバイスも、

方法が違うだけで、全ては目の前の人を応援することに繋がっていく。

 

 

人は自分が一人で頑張ってると思うとしんどくなる。

 

 

マラソンランナーが言ってたのだか、

走ってて気持ちが折れそうになる時に、

街頭に立ってる見知らぬ人の応援一つ一つが前に足を進めてくれる。

 

 

自分は、孤独の中で戦っている。

そのプレッシャーを解き放ってくれるのは、例え小さな声援かもしれないが誰かの応援する気持ちだ。

 

 

あなたがお母さんなら、

初めての子育てで、何をどうしたらいいか分からずに自分を責めては試行錯誤して、疲れ果ててしまう時があるかもしれない。

 

あなたが会社員なら

仕事で疲れて果て、上司に怒鳴れ、誰も自分の頑張りをみてくれないと、今にも心が折れそうになっているかもしれない。

 

 

そんな時に誰かの応援が聞こえてくるだけで、安心出来る。

 

 

何も応援することはカウンセラーだけの専売特許ではない。

 

 

誰もが誰かを応援している。

 

 

自分は誰にも応援されてないんじゃないか?

誰にも分かってもらえないんじゃないか?

 

そう思ってしまうと、世界は孤独になり、人生に無意味と自暴自棄がくっついてしまう。

 

あなたは世界に応援されている。

 

もし、わたしは誰にも応援されていないと思ったら、

 

あなたの周りの人、

嫌な上司、話を聞かない旦那、

もしかしたらそんな嫌な人が目に入るかもしれない。

 

だけど、その人達ももしかしたら

『誰からも応援されてないと思っているのでは?』

と見て欲しい。

 

あなたが誰かを応援する時に、

あなたを応援してくれる声に気付ける。

 

世界を一人ぼっちにしてしまわずに、

耳を傾けて、視線をあげてみてください。

 

 

あなたを応援する人に、

あなたの応援を待っている人に、

気付けるはずです。

 

 

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

 

counselingtimes.hatenablog.com

 

 

 

 

f:id:c_times:20170627235608j:plain