counseling times

カウンセリングタイムズ

世界はあなたを傷付ける準備はしてない。

 

自分でこのようなタイトルを付けて、

文章に書くことで、自分自身もドキっとしますし、胸もチクッとします。

 

 

しかし、どうやら

【世界は私達を傷付ける準備はしていない】

らしいのです。

 

「そんなこと言われても、傷付けられた」

「悲しいこともあったし、今もまだ傷は癒えてない」

「不条理な理由で、攻撃された」

 

そんな声ももちろんあると思います。

 

 

しかし、【傷付いたことがある】と【これから先も同じように傷ついていく】ことには大きな違いがあるのです。

 

 

世界はあなたを傷付けたのでしょうか?

世界を理由にあなたが傷付いたのでしょうか?

 

失恋があなたを傷付けたのでしょうか?

失恋を理由にあなたが傷付ついたのでしょうか?

 

母親があなたの世界を閉じ込めたのでしょうか?

母親を理由にあなたが世界を閉じたのでしょうか?

 

 

少しややこしい書き方かもしれません。

人によっては怒りがこみ上げてくるかもしれません。

 

しかし、

ふと、

『私は誰にも傷付けられることはない』

そう心で呟くと見えてくるものがあります。

 

世界はあなたを傷付ける準備はしていません。

だから、あなたも傷付く準備をする必要はありません。

 

過去の痛みにしがみつくことは、

未来に傷付く準備をしていることでもあります。

 

「過去の痛みがたいしたことがなかった」

と言いたいワケではありません。

 

過去の痛みを理由に、

自分の将来を、自分で傷付ける準備をする必要はないのです。

 

世界があなたを傷付けようとしていないのなら、

あなたにどんな未来が待っているでしょうか?

 

 

 

f:id:c_times:20170802010058j:plain