counseling times

カウンセリングタイムズ

カウンセリングタイムズ的夜話 〜うさぎとかめ〜

 

うさぎとカメが競争するお話がありますよね。

 

足の速いうさぎと歩みのゆっくりなカメが競争して、途中でうさぎは一休みとして寝てしまい、その間にカメがゴールするというお話。

 

うさぎが怠け者で、カメが努力家として、

教訓めいたお話になってますが、

 

最近僕が思うに、

『うさぎはハードワーカーだったんではないかな?』と気がしてならないのです。

 

ハードワークで、

自分のココロもカラダも限界まで、踏ん張り続ける人は現代の世の中でたくさんいます。

 

仕事のハードワーカー?

恋のハードワーカー?

家庭のハードワーカー?

 

頑張り過ぎちゃう人ほど、自分を追い詰めていきます。

 

うさぎとカメの寓話では、

うさぎは怠け者扱いされていますが、

実は限界まで頑張り過ぎちゃって、ココロもカラダも前に進めなくなってしまったのかもしれません。

 

うさぎは悔しかったでしょうね。

悲しかったでしょうね。

 

限界まで頑張ったのに、

怠け者や弱い者ように扱われて、やり場のない気持ちを抱えてしまう人がいます。

 

一回目のレースでは、

思い通りに行かなかったかもしれません。

自分の限界を超えて倒れてしまったのかもしれません。

 

しかし、人生は何もかもが一回のレースで決まることはありません。

 

うさぎとカメが、

もし2回目、3回目のレースをしたのなら?

結果はどうなることでしょうか?

 

この場合はカメに勝つレースというよりは、

自分を知るためのレースになるのかもしれません。

 

もしうさぎが、自分を限界まで追い込むことなく走ることが出来たのなら、ゴールのテープを先に切るのはどちらでしょうか?

 

ここで、重要なのは、

カメ(他人)と比べて自分を限界まで追い込むことではなく、うさぎ(自分)の無理ないペースを知ることです。

 

あなたは頑張れない人でも、

出来ない人でもなかったのかもしれません。

 

ただ、自分のペース(やり方)を知らなかったかもしれないのです。

 

そして、レースは一度だけではないのです。

 

 

f:id:c_times:20170808002334j:plain