counseling times

カウンセリングタイムズ

あなたの愛の影響力を信じること。 〜男性の恐れを癒す〜

 

3日に続けて書いた記事ですが、今日がやっと本題ですね。

 

①『何者か』になる恐れと憧れ、そして女性の愛 - counseling times

②『何者か』になる葛藤 〜僕と父親の関係〜 - counseling times

 

 

 

そう男性の葛藤を支えて苦悩を癒してあげるのは、女性の才能ということです。

 

よく付き合った男性が仕事で成功したりする女性のことを『あげまん女子』と言ったりしますが、うーん。

僕はその言葉の響きがなんとなく好きになれないので、【ポップコーン女子】ということにします。

 

男の才能や魅力を弾けさせる女性のことですね(笑)

 

 

男性は『何者か』になりたいワケですから、

逆に言うと『何者でもない自分』を責めているんですよね。ダメ出ししているというか、、、。

 

『何者か』になれたらみんな認めてくれる。

そんな風に自己否定を周りに投影してしまってたりもします。

 

 

すると、男性の中で、無意識の中で、

『何者でもない自分』を愛してくれる人を実は求めているんですよね。

そこを認めて受け止めてくれる人がいれば、彼にとっての唯一の安心で安全な場所が出来るからです。

 

 

そう男性にとって、

『何者かになる』過程とはまるで鎧を纏って戦いに行くようなものですからね。

常に緊張があるワケなんですよ。

 

 

で、これを知ってか知らぬか、

彼のどんなところも愛する!

ありのままの彼で十分!

『何者』にもならなくていい!

と女性が近付いたらどうなると思いますか、、

 

 

 

ちょっと考えみてください、、、

 

 

 

どうなりますかね、、、

 

 

 

答えは出ました??

 

 

そう、、、、

 

 

 

 

男性は逃げます(笑)

 

 

『えっ!?』

ってなるでしょ(笑)

 

 

そう男性はまずそのことを受け入れるのに時間がかかるんですよね。

はぁ?何言ってんの?』という言葉はもうちょっと飲み込んでいて下さいね。

 

でも、経験された女性も多いのではないでしょうか?

 

結婚の話をしたら、何だか先延ばしされたり、、、

仲良かったのに、付き合おうと告白したら冷たくされたり、、、

絶妙な距離感を常にキープしてこられたり、、、

いきなりハードワークになったり、、、

 

 

そうなんですよね〜。

社会で生きて行くにはずっと隠して生きなきゃと思っていた部分、劣等感、そのめちゃくちゃ隠していた繊細で敏感な部分を愛されると、

脇の下をくすぐられるような笑っちゃうけど、逃げ出してしまうような感じと同じで、

まずは逃げちゃうんです。

 

 

そう『まずは』ですよ!

 

そして、どうするか?

あなたの様子をうかがっているのです。

距離を置いて、どんな反応するか?様子を見ているんです。

 

『もう〜!何〜!めんどくさい』

って言葉がたくさんの女性から聞こえてきましたね(笑)

 

これは男性の罠?トラップでもあるんですよね。

『ほら、俺は愛される価値はないだろ〜』みたいなね。

(もちろん無意識にですね。男性すら気付いてないです。)

 

 

で、女性は、女性で、

彼のどんな部分も愛そうと決意したのに!

彼の反応がよろしくない!

私の愛は影響力がない!

私の愛は無価値だ!無力だ!

と無価値の罠にハマってしまうのです。

 

 

ここで、男性はその無力感にハマった女性を見て、

『ほら、俺はヒーロー(何者か)になれないんだ!』とまた思い込みを強めてしまうのです。

 

 

でも、あなたが無力感の罠にハマらなければ?

彼のトラップに引っかからずに、彼を愛することが出来たのなら、、、

彼の劣等感は癒されて、あなたが注いだ以上の愛をあなたに注いでくれます。

 

 

そう、そして彼は自分の劣等感からではなく、

愛するあなたの為にヒーロー(何者か)になるのです。

 

そこにはもう『何者かになる恐れ』はありません。

 

 

そう、

あなたの愛の影響力を信じてください。

あなたの愛は無力ではありません。

あなたの愛は無価値ではないのです。

 

 

彼とうまくいく秘訣があるとすれば、

あなたの愛の影響力を信じることです。

 

 

f:id:c_times:20180630003556j:image