counseling times

カウンセリングタイムズ

彼との間に起きる問題は、、、?

 

『もっと恋愛の記事を書いてください』って、コメントを頂けるようになりました。

ありがとうございます!

 

皆さん、どんな記事が読みたいのでしょうか?

リクエストあれば書かせてもらいますね。

 

 

恋愛のパターンって、本当にケースバイケースであり、同じ現象でもたくさんの見方や角度があるんですよね。

 

 

例えば《彼からの連絡がない》こと一つとっても、

彼がそんな性格だから〜、たまたま今忙しい〜、気持ちが冷めてきた〜、携帯がぶっ壊れた〜、など

気持ちがあるのに連絡のないパターンや、気持ちがないから連絡のないパターン、気持ち関係なしに物理的に連絡出来ないパターンがあるわけですよね。

 

 

そうゆう時に、ネットで《彼氏 連絡ない 心理》とかで、検索してしまって、余計に不安を感じてしまう方もいるかもしれません。

 

そうすると、心配しなくてもいいのに、余計不安になってしまったり、、、、。

 

安心したくてネットで検索するのに、たくさんのことが書いてあるから、調べれば調べるほど分からなくなったり、、、。

 

藁をもすがる想いで、正解や安心の材料を探してしまう気持ちは分かります。

 

もちろん、自分の気持ちを安心させてくる情報を見つけたり、落ち着かせてくれる記事も見つかると思います。

 

 

ただ、どんなに調べても、

ずっーと、頭の中であれこれと考えてしまって、不安が治らないのなら、

 

不安から抜け出そうと正解を探しているのでなく、

実は正解を探そうとして問題に執着しているのかもしれません。

 

執着というのは、その問題に固執して気持ちの自由を失ってしまいますから、不安になってしまいます。

 

そうです、真実や結果や正解がどうであれ、

執着していること自体が、ますます不安を大きくしてしまうのです。

 

そこに、マイナスの連鎖、スパイラルが始まってしまうのです。

 

すると、

問題を問題として扱わないことが必要になってくるのです。

 

難しいですよね〜。

 

別の角度からまとめてみると、

問題に執着している時は、あなたがどこかで心の自由を感じようとしてない時かもしれないのです。

 

えっ?安心したいのに!

もっと楽になりたいのに!

 

 

そう言いたくなるかもしれません。

でも、ちょっと自分自身に聞いてみて欲しいのです。

 

その問題を使って、私自身の心を不自由にしようとしているのなら、それはなぜ?

 

その答えを知れた時に、

あなたは目の前の問題に執着することを辞めて、もっと自由を感じられるようになります。

 

逆説的ですが、

目の前に起こった出来事は、あなたの見えない心の声を聞くためにあるのかもしれません。

 

 

f:id:c_times:20180710234343j:image