counseling times

カウンセリングタイムズ

言葉のミニマリスト、想いをシンプルに

 

(昨日のブログの続きは次回書きます。)

 

 

『断捨離』という言葉がブームになっていますよね。ミニマリストという言葉にも置き換えられたりします。

 

モノを必要最小限にしていくこと。

 

断捨離やミニマリストを端的に表現するとこうなるのかもしれません。

 

モノを最小限にするってことは、自分に必要なモノを知っているということでもあります。

 

 

自分に必要なもの?

パッとは思い浮かびにくいかもしれません。

 

買ったけど使わなかったもの?

もう何年もタンスから出していないもの?

 

逆にそう聞かれた方が答えやすいかもしれませんね。

 

 

気持ちや言葉、目に見えないものですが、それを抱えすぎてることはありませんか?

 

 

たくさんの想いを抱えているから、たくさんの言葉で表現する必要もないんですよね。

 

 

気持ちに蓋をして閉じ込めてしまうと、そこに様々な言葉がくっついてしまいます。

 

気持ちに蓋をすると、

そこに理由や言い訳や迷い、正しさや判断が結びついて、たくさんの言葉が生まれいきます。

 

その言葉に埋もれてあなたの気持ちをさらに複雑化していきます。

 

 

迷っているときほど、

悩んでいるときこそ、

 

言葉をシンプルにしていきましょう。

 

悩んで、葛藤して、迷って、責めて、辛くなって、

たくさんの言葉が頭の中にあって、たくさんの感情が胸を圧迫するかもしれません。

 

しかし、

そこから抜け出せないのは

たった一言、

 

『寂しい』と言えない。

『疲れた』と言えない。

『もう限界だ』と言えない。

『聞いて欲しい』と言えない。

 

その一言が言えないだけかもしれません。

 

 

言葉を、シンプルに、

勇気を出して、

想いも、シンプルに

 

f:id:c_times:20180730012319j:image