counseling times

カウンセリングタイムズ

未来を照らす空白

 

《心を亡くす》と書いて忙しいと読みます。
 
 
仕事の量が増えていく。
⬇︎
自分の時間がなくなる
⬇︎
自分の好きなものが分からなくなる
⬇︎
だんだん心の感覚が麻痺していく
⬇︎
無感覚となり心を亡くす
 
ということかもしれません。
もちろんこの場合の《仕事》という言葉は家事や嫁姑問題、人間関係などに当てはめてもいいですね。
 
 
しかし、あえて別の側面から覗いてみると。
 
 
心にぽかんと穴が空いている
⬇︎
好きなものが分からない
⬇︎
その心の空白を仕事で埋めようとする。
⬇︎
結果忙しくなる。
 
こんな順序になるのかもしれませんね。
 
心に空いた穴、
そこに何を埋めたらいいか分からずにハードワークを繰り返してしまう。
 
寂しさを埋めるために恋愛して、
より寂しさを感じてしまうように、
 
寂しさを忙しさで埋めようとしても、
その心の空白は大きくなってしまうようです。
 
 
いつしかその空白すら見ないように、見えないようにしてしまいます。
 
 
少し立ち止まり、振り返ってみる。
その心の空白はいつ出来てしまったのか?なぜ出来てしまったのか?
 
心の空白を抱えて生まれてくる赤ん坊はいないのです。
 
その空白の先に何が見えるでしょうか?
心の音を聞いてみてください。
 
 
それはきっとあなたの未来を照らす作業でもあるのです。
 
 
 

f:id:c_times:20170829223354j:plain