counseling times

カウンセリングタイムズ

好きだから支配したい?嫌いだからコントロールする?

 

好きな人への好意は、時に攻撃性となって現れてくることもあります。

 

昔は、小学生?幼稚園くらいの男の子が好きな女の子にイタズラすることってありましたよね。

 

スカートをめくられたり、モノを隠されたり、後ろをついてこられたり、、、

 

あの時の男子のめんどくさい感じを思い出された女性の読者もいるのでは?

 

 

今の子供達も、相変わらず同じようなことをしているのでしょうか?

時代の発展と共に、好きな子へのイタズラも、

スカートめくりから、ニンテンドーSwitchでボコボコにやっつける!みたいな感じになっているのでしょうか?

 

むしろ、ボコボコにやられてる方が男の子になってきてるってこともあるかもしれませんね、、、、。

(-.-;)y-~~~

 

 

でも、好意を攻撃的に表現してしまうのは、大人になってもやってしまってることは実はたくさんあるんですよね!

 

男女間での恋愛の好意のレベルから、

恋愛関係ない人間関係における好意まで、

 

あの支配的な上司が実は私のことを認めてた?

あの愛想ない奴が実は私に好意があったなんて?

愚痴ばかりの母親と思っていたのに、その裏に愛情があった?

 

なんてことが起きてるんですよね。

 

ただ、好意を持たれる立場からすれば

『素直に表現すればいいじゃん!ややこしくしないでさ〜』

『私のこと好きにならなくていいから、普通に接してよ!』

なんて言いたくなったりするものです。

 

でも当の本人は、無意識にやってたりするんですよね。

だから、たまに居酒屋などで酔っ払った上司に、

『お前には期待してるんだよ!』

って言われても、

『は〜〜⁉︎』となっちゃうわけです。

 

 

で、ここからが本題です。

これって逆のパターンで自分がやっちゃってることに気付けたら、人生楽になることがめっちゃあったりするんですよね。

 

 

何故か怒ってしまうあいつが⁉︎

近くにいるだけで、イライラしてしまう奴のことが⁉︎

仕事の出来ないあんちくしょうが⁉︎

 

実は可愛くてたまらなかったりするのです。

だからといって、優しくしたり、態度を変えたりする必要もありません。

 

でも、怒り!怒り!怒り!って感情で自分が飲み込まれて、人生に疲れ切ってしまうことがあるのなら、、

 

『もしかしたら、私ってあいつのこと気に入ってる?』

『思ったより、信頼してる?』

 

って思ってみることで、

その怒りがスルスルと溶けていく!なんてこともあるのです。

 

『は⁉︎あいつを⁉︎

   そんなことマジ思えないんだけど!!』

 

って言葉が飛んできそうなので、

簡単に出来ることではないのも当然です。

 

 

でも、ムカつくあいつを地球の裏側まで飛ばすよりかは、楽で簡単な方法だと思いますよ。

 

あいつを好きって認めたくない葛藤の裏側に、あなたの幸せのヒントがあったりもするのです。

 

 

f:id:c_times:20180514180132j:image