counseling times

カウンセリングタイムズ

好きな色さえ知らないのは

 

『あなたが何悩んでるか?いつ傷付いたか?

それを話すこともいいんだけど。

 

あなたがどんな音楽が好きで、どんな映画に感動するのか?

あなたが好きな色さえ知らないのは、

私達にとって問題だと思うの。』

 

 

僕のパートナー真島あみの言葉です。

真島あみオフィシャルブログ | 21世紀的魔女論

これを彼女がある人に言っているのを聞いて、ドキっとしました。

 

 

僕はカウンセリングや心理学の勉強をしているので、もちろん悩み相談はたくさん聞きます。

しかし、その中のどれだけ人々の好きなモノを知っているか?と言われたら、かなり少ないと思います。

 

むしろ、何年も顔を合わせている仲間の相談は聞いたことはあっても、好きなモノ、食べ物すら知りませんでした。

 

 

 

僕はパートナーの言葉は、天の声だと思っているので、(自分の世界観だけでは分からなかった気付きを与えてくれるので)

自戒の意味を込めて。

 

 

わたしはどれだけの人の好きな音楽を知っているでしょうか?

わたしはどれだけの人の『何が喜びとなるか?』を知っているでしょうか?

 

悩んだり、上手くいかない人の気持ちを楽にしたいという夢と、

 

もう一つ。

 

たくさんの人の喜びのタネ(種)を知る男にもなりたいと強く思いました。

 

 

痛みを知り、喜びで繋がる。

 

これからはたくさんの人の、好きな人の、好きなモノを聞いていこうと思います。

 

f:id:c_times:20180527001343j:image