counseling times

カウンセリングタイムズ

ココロについて学ぶのは?

 

『楽しんできなさい』

 

何の変哲もない言葉ですが、

これは僕の父親がたま〜に、僕に呟く言葉です。

父親は商売をしてる手前、いつも慎重であり石橋を叩いて歩いてきた人です。

 

直接この言葉を言えない時は、わざわざ電話してくるぐらいで、いつもめんどくさく(笑)感じてました。

 

いつのタイミングでそう呟くのか?

と改めて思い直してみると、出張や大事な仕事、プライベートの旅行でも、肩に力が入り過ぎたり、何かを背負い過ぎている時なんですよね。

 

『なんで旅行で肩に力が入るの?』と感じる方もいるかもしれませんが、仕事をひとに任せて、俺いなくても大丈夫かな〜?俺休んでていいのかな〜?って思ってしまってたりします。

 

 

仕事なら尚更ですよね。

失敗してはいけない〜。

迷惑かけてはいけない〜。

と、分かってはいても無意識にプレッシャー、責任を背負ってしまってますからね。

 

そこに父親の一言が

今思えばスッと想いを軽くしてくれていました。

 

一般的に父親って

仕事の厳しさを教えたり、社会の厳しさをを教えたり、一見《楽しむ》というイメージとは程遠いように感じる方も少なくないかもですね。

 

 

傷付かないようにではなく、楽しむように生きていく

 

父親の話とはちょっと離れますが、

 

 

損しないようにではなく、

得するようにではなく、

 

傷付かないようにではなく、

傷付けないようにでなく、

 

楽しむように、

楽しむために、

生きていく。

 

失敗しないようにではなく、

迷惑かけないようにではなく、

 

共に楽しむために生きていく。

 

つい最近も《楽しむ》をテーマにブログを書いてましたが、改めてその大切さに気付かされました。

 

私たちは、

心理学を勉強したり、心について学んだり、またライフワークや生き方について知ろうとするのは、

傷付かないために準備するのでもなく、失敗しないように準備するのでもなく、

 

思いっきり楽しめるように準備している気がするんですよね。

 

 

楽しむ準備は出来てますか?

 

 

僕は出来てますよ!

 

 

じゃあ、共に!!( ´∀`)

 

f:id:c_times:20180529180011j:image